ITパッティング理論 ITパッティング理論 ITパッティング理論

ITパッティング理論

メールマガジン登録でゴルフナレッジプレゼント!

メールマガジン登録でゴルフナレッジプレゼント!
メールマガジン登録でゴルフナレッジプレゼント!

ITパッティング理論

ITパッティング理論

ITパッティング理論

ITパッティング理論

あなたはきっとこう感じているのではないでしょうか。

「そんなに上手い話はある訳がない!」

私も以前はスコアを良くするために日々努力していました。

毎日300球以上の打ち込みや走り込み、筋トレ、ストレッチなどの
トレーニングを欠かしませんでした。

しかし、そう簡単には飛距離は伸びずライバルに負けないように“飛ばそう”、
“飛ばそう”とついつい力んでしまいショットの調子も崩れてしまい
ドライバーショットは、力みのせいでOBも連発してしまっていました。

もちろんスコアは悲惨でスコアも上がっていきませんでした。

私は、プロを目指す資格はないと感じプロへの道を諦めようとしていた時です。

そんなある日、私はトーナメント中継を見ていました。
そのコースは、私が学生時代キャディのバイトで何度もプレーしたコースでした。

そこで不思議な感覚に陥りました。

あれ!?トッププロってそこまで飛んでない!?

もちろん300ヤード以上飛ばすプロもいますが、
特にベテランプロの飛距離は
決して私が思いっきり負けるような飛距離ではありませんでした。

じゃあ、なぜベテランプロはこんな驚異的なスコアでこのコースを攻略しているのか!?

私はTVを食い入るように見て、分析しました。

「パターのレベルが違いすぎる。。。」

ショートパットは必ず決めてくる。
プレッシャーのかかったパットも何食わぬ顔で決めてくる。

私は、この時を境にある結論に至りました。

「スコアを良くしたいならパットが最重要課題だ」


そんな事言っても若さもセンスも必要でしょ?

そういった疑問を持たれているかも知れません。
しかし、はっきり断言できます。

年齢や性別やセンスも全く関係ありません。


止まったボールを打つだけ。
それも体をほんの少し動かしてストロークするだけ。それで全てがきまります。

・女性の方でも
・60代を過ぎる年配の方も
・反射神経や動体視力がなくても


パターなら、運動能力もパワーも全く必要ありません。

そんな嘘のような本当の話を今から公開していきたいと思います。

ITパッティング理論

そう断言できるくらい、とてもシンプルで結果が出やすい方法です。

私が研究の末作り上げてきた方法はパター上達が誰でも実践できて結果が出る方法です。

誰でもです。

ITパッティング理論

ITパッティング理論

「パットって難しそう・・・」

「私にも出来るだろうか・・・」

「そんなんでスコアがよくなるのか?」

こんなご相談をいただきますが、ご安心ください。

あなたも30日でパター数を30以下にする事が可能です。

ITパッティング理論

ITパッティング理論

ITパッティング理論

共通してプロからアマチュアゴルファーのパター数は
全体のスコアの約4割を占めます。

パターがどのクラブよりも多く使用しています。
つまりパターを重点的に練習することがスコアアップの鍵なのです。

100が切れなくて悩むゴルファーが100を切るにはどうしたらいいでしょうか?

スコア100の人は、パター数はスコアの約4割なので40回もパターをしていることになります。

ITパッティング理論

この様に、スコア100の人は、通常で4回も3パットをしていることになります。
3パットをなくすだけでも、簡単に100は切れてしまうのです。

では、シングルプレーヤーになるにはどうしたらいいでしょうか?

シングルプレーヤーと言われる人たちは、簡単に2オン2パットして
パーをとっているとイメージしがちですが、シングルプレーヤーでさえ、
パーオンの平均値は3分の1以下です。

つまり、パーオンしたホールできっちり2パットでパーをとり、
外したホールではアプローチからパターを決めてパーをとって
スコアメイクできる人がシングルになれるのです。

ITパッティング理論

パーオンしたホールでは、バーディーの確率が格段に上がり、
グリーンを外しても、パターに自信があるので自然とアプローチも気が楽になります。

ある程度に寄せられればOK!

なので自然と力が抜け、結局アプローチも寄ってしまうのです。

私は、パターを開眼したおかげでゴルフがすべてうまくかみ合うようになりました。


「本当に!?」

私も実際ここまで変わるもんなのか?
そんな筈はない!?と驚きました。
なぜなら常識的に考えれば、パターでそこまで変わるとは考えていません。

ですがそれは嘘偽りなく真実。

ITパッティング理論

これこそが1番効率的なスコアを改善する方法なんです。

多くの人はショットを中心に練習します。
それもドライバーショットを。
確かにドライバーショットでのビックドライブは、
みんなからの称賛の声を浴びとても魅力的です。

ドラコン賞を総なめし、ロングホール2オンや
短いミドルホールの1オンができたら最高だと思います。

でも考えてみてください。

全ホールドライバーを使ったところで14回しかドライバーは打ちません。

パターは30回以上使用します。

普通に考えても、ドライバーの練習の2倍以上はパターに練習を割かなければいけません。

現実、ドライバーの練習が大好きな方が多いのではないでしょうか??

そして、ドライバーでの300ヤードはスイングの練習だけではどうにもなりません。

300ヤードのドライバーショットを放つには、身体能力を極限まで磨き上げる必要があります。

300ヤードのドライバーショットを実現させには、これらの要素がすべて噛み合った時なのです。

ITパッティング理論

一方、パターを上達させることに必要なのは、正しい理論、正しい練習法だけなんです。

パターを開眼したあと、私はパターを教えてほしいということで
プロやトップアマをコーチすることになりました。

ITパッティング理論

パッティングコーチという言葉は、日本ではなじみのない言葉かもしれません。
しかし、アメリカのPGAでは誰もが知っている言葉です。

PGAのツアープロはみんなコーチをつけています。

試合の結果を大きく左右するパッティングを専門に教えるコーチ、
それがパッティングコーチなのです。

次の私の課題は、果たしてこの理論はアベレージゴルファーでも理解し、
成果を上げてくれるのだろうか!?
ということでした。


私はレッスン生に対してショット中心のレッスンからパターに重点をおいてレッスンしました。

レッスン生の多くは、短期間でスコアアップに成功!
ベストスコア更新、シングル昇進などの目標をクリアすることができました。

なぜならパターはスコアに直結し、
スコアアップはパターの回数を減らすことが一番の近道
だからです。


それだけでは、ありません。

そして、更に大きなメリットがあります。

ショット自体もどんどんよくなっていくのが目に見えてはっきりわかりました。

なぜなら、パターのレベルを上げることにより、
ラウンド中でのショットも自然とリズムがよくなってくるからです。

ITパッティング理論

しかし、ただ闇雲にパッティングの練習をすればいいという訳ではありません。

ステップバイステップで理論を学びながら練習する。

これこそが重要な部分であり、ここを間違えるとビックリするほどスコアも変わりません。

私は多くの生徒を育て、結果を出させる事に成功しました。

しかし、そんな中で別の教材やレッスンを受けているのに
結果が出ていない方があまりにも多いということに気がつきました。

「7年ゴルフをしてますが100を切れません」

実際にそういった方に、指導された方法を聞いてみると

「とにかく、スライスの癖だけ直せばいいよ」
「もっと筋力つけて飛距離を伸ばしましょう!」

はっきり言いますが、そんな方法では、いつまでたっても100を切れません。

そんな指導をしても実践がなかなか出来ません。

スコアを良くしたいならパットを上達させる為の正しい理論、
正しい練習法があなたに必要なんです。

ITパッティング理論

その情報を見極めるのはとても難しいことです。

正しい方向で、正しいステップに沿って進まないと
せっかく一生懸命に取り組んだとしても結果が出ない人がいるのが現実なんです。


だからこそ私は、今まで研究で積み上げてきた理論を教える為に体系化しました。

グリップ、アドレス、ストローク、ショートパット、ロングパット、
全てを細分化しまとめました。

スイング理論は、その人の筋力や柔軟性、年齢、性別など
色々な条件で別れてきますがITパッティング理論は
老若男女、ハンディなどは一切関係ありません。

体格の差を関係なく実践でき、極めれば、プロ以上のパッティング力が身につきます!


私がパッティングの重要性に目覚めた時は、まともなマニュアルもなく苦労しました。

パットさえ極めればスコアなんて簡単に良くなるはずなのに。。。

だからこそ、あなたには同じ思いをして欲しくありません。
せっかく一歩を踏み出していくなら最速の方法で学んで欲しい!

そんな思いで作り上げたのが ITパッティング理論なんです。

実践された方の事例をお聞きください。

ITパッティング理論

ITパッティング理論

宮口様 60代

平均スコアが110から90になりました。

私は、遅くからゴルフを始めました。今は、老後の楽しみの一つとしてゴルフを一生懸命練習しています。
目標は、コンペでたくさん優勝する事です。

以前の私の平均スコアは110でした。
ショットもそうですが、せっかくグリーン上までたどり着いてもそこから3回、4回とパターをしてしまっている状態でした。

ある時、このITパッティング理論に出会いました。
このメソッドは、ステップ方式で私のような初級者でも十分理解できる内容でした。

特に、アドレスやグリップなど一から学べ、どのレッスン書よりもわかりやすく独自性がありました。

私は、教材の中のITパッティング理論式自宅プログラムを徹底して練習しました。
とはいえ、一日10分程度ですが、そのプログラムはパッティングに必要な要素をすべて盛り込んだプロフラムでまさに目から鱗でした。

その結果、3パットが少なくなり、ショートパットも得意になりました。
グリーン上であたふたすることもなくなりました。

パット数だけでもかなりのスコアアップができました。
今後は、パットだけでなく、ショットも練習し、たくさんのコンペで優勝を狙っていきます。

ITパッティング理論

佐々木様 40代  

ITパッティング理論でシングル入りできました!

昨年は、私のゴルフ人生でもっとも飛躍を遂げた一年でした。

シングルプレーヤーを目指し練習に没頭していました。
シングルになるには、70台のスコアを出していかなければいけません。
しかし、私は頑張っても80台前半のスコアばかりで70台を出すこと事ができませんでした。

原因は明確でした。
『パター』です。やはり、70台を出すにはショットだけではどうにもなりません。
ピンチをしのぐ、パター。チャンスをものにするパター。
ゴルフのリズムを作るのはすべてパターということは自覚していました。

しかし、肝心のパターがうまくいきません。
ロングパットは距離感が合わずに。3パットをしてしまう。
ここぞというショートパットは緊張感に負けて外してしまう。

パターからピンチになり、スコアを崩してしまっていました。

そんな中、このITパッティング理論に出会いました。
パターの本当の理論が理解でき、今までの自分の悩みを解決してくれました。

まず、ステップ方式でITパッティング理論をマスターしていき、ショートパットやロングパットの練習法を取り入れていきました。

ラウンドの前の練習グリーンでは、練習プログラムを実践しラウンドに臨みました。

ラウンドを重ねるうちに自分がパターに自信を持っていることに気が付きました。
今まであれだけ距離感が合わなかったロングパットもしっかり寄せることができてきました。

プレッシャーのかかるショートパットもしっかり決めることができています。

何より、パターが調子がよくなると他もすべて調子がよくなってきます。
ドライバー、ショット、アプローチ・・・ すべて自信満々でプレーできるようになりました。

スコアは、70台がしっかりでるようになり、おかげでクラブ競技にも優勝をすることができ、念願のシングルになることができました。

今後は、さらにパターを磨き、片手シングルを目指して行きたいと思います。

ITパッティング理論

三浦様 20代

2年でシングル、5年でクラチャンになれました!

ハンディキャップが10だった僕は、なかなかシングルに昇進できませんでした。
シングルになりたかった僕は、毎日のように練習場に通い、ひたすら打ち込みをしていました。

なぜ、こんなにショットがいいのにシングルになれないんだ。
いいショットを連発するものの、スコアはがんばって80台前半でシングルになるには、今ひとつでした。

以前の僕はパターがすごく苦手でした。
同伴者からも、
『ショットはいいのにパターが下手すぎだな~』
とか
『パターはハンディ36だね』
など言われ、本当に自分のパターの下手さに嫌気がさしていました。

パターが苦手という意識が本能に植え付けられ、ショートパットに自信がなくなり、短い1~2mくらいのパターはいつも外していて、3パットを量産していました。

ITパッティング理論に出会い、パターが急成長できたと思います。あれだけ外していたショートパットは決まり、ロングパットもしっかり寄せられるようになりました。
パターが得意になるとショットも良くなり、ゴルフのリズムや流れがよくなってきます。前のホールでしっかりパターでしのげているので、次のホールのドライバーも自信を持って打つことができます。

パターがよくなりすぐにシングルになることができました。

また、ゴルフを始めて5年後には、念願のスクラッチチャンピオン、クラブチャンピオンにも輝くことができました。
その勝因は、間違いなくパターだと確信しています。

チャンピオン戦の決勝ラウンドになるとさすがに緊張感がMAXになってきます。
緊張感から、ショットも乱れ、グリーンを外す回数は多くなってきました。
当然、アプローチも寄り切らず、パター勝負になりました。

僕は、決めるべきパットをITパッティング理論のおかげで決めることができました。

最後まで諦めず、パターでしのげていたからこそ、同伴者にもプレッシャーを与えることができ競り勝てたと思います。

これからも、一層パターに磨きをかけ、目標に向かってがんばって行きたいと思います。
ありがとうございました。

いかがでしょうか?

1日10球、10分の練習でさえもスコアを上げるのは可能です。

ITパッティング理論

それは正しい方法を0からステップバイステップで学び、実践すること。

特に時間のないあなたならなおさらの事です。

時間はお金では買えません。

スコアが上がらない事で自分一人で悩んでいるなら
1日でも早くITパッティング理論を学び実践してください。


そしてスコアを伸ばす究極の方法を最後にお伝えします。

それは、まずは「行動を起こし、実践すること」

まず取り組んで30日後にパター数を30以下にしていきませんか?

30日後にはスコアの崩れもなく、自信をもってアプローチをしていることでしょう。

ITパッティング理論

ITパッティング理論

ITパッティング理論

第1章・第2章 ~ ITパッティング理論とは!? パッティングの重要性 ~

科学的、精神的、技術的根拠の基に生み出されたITパッティング理論とは!?
日本のレッスン指導にありがちなフィーリング重視ではなく、
理論的にパッティングを分析
していき、常に、同じストロークができ、
「ここぞ」という場面で最大のパフォーマンスを発揮する重要性についてお伝えします。
本当のパッティングの重要性とは!?
ゴルフ界の言葉で『ドライバー イズ ショー、パット イズ マネー』
という言葉はゴルファーなら1度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか?
だれでも、ゴルフにおいてパッティングは重要だということを知っています。

しかし、本当の意味で『パッティングは重要』と理解している人はごくわずかです。
ここではパターの本当の重要性について解説します。

これを知ってしまうとパターを練習せざるをえません。
なぜパターが得意になるとショットを変えなくても
100切りやシングルになれるのか!?
あなたのスイングレベルが例え今と同じであったとしても、
パターのスキルを向上させるだけで100切りやシングルになることは可能です。


実際にシュミレーションをしていき100切りやシングルへのイメージを明確にしていきます。
なぜパッティングがラウンドのリズムを作るのか!?
パッティングの良し悪しでラウンドのリズムの全てが決まってきます。
突如、OBが止まらなくなったり、急に大たたきしてしまうのは全てパターが原因です。

そのメカニズムを理解していれば、OB連発や大たたきは完全に防ぐことが可能なのです。
パッティングはスコアの5割以上影響する理由とは!?
パッティングの割合はストローク数の約4割と言われています。
しかし、実は、スコアの5割以上はパターが影響してきます。

なぜストロークの5割をパターが影響し、パターをスコアに悪影響ではなく
パターでリズムを作っていく方法を公開します。

第3章 ~ 完全解説 ITパッティング理論の基本ステップ ~

ほとんどの人が誤解しているパッティングのボールの動きとは!?
パターにも、実は3°~4°のロフト角が存在します。

パッティングにおいてこのロフト角をクラブの設計通り使うことで、
インパクト後に少しキャリーして、その後順回転していきます。

理想的なパターの転がりとその重要性について解説します。
グリップをゆるく握らざるをえないITパッティング理論式グリップ法とは!?
グリップを柔らかく握ることは、柔らかいタッチを出すには不可欠です。
しかし、ついつい入れたい気持ちが先行して強く握ってしまいがちになります。

ITパッティング理論式グリップ法は、たとえ力を入れたくても入れることができません。
つまり常に理想のグリップ圧で自然なストロークを生み出すことが可能になるのです。
体・腕・グリップの一体感を極限まで高める方法とは!?
グリップを作る際に、ある角度を気をつけるだけで、
体・腕・グリップの一体感を極限まで高めることができます。


たった1つのポイントを意識するだけでアドレスが完璧になり
全てが同調したストロークを生み出すことが可能になります。
パターの実験でも使われ、毎回同じストロークを生み出す
パッティングロボットに基づいて出来上がった
ITパッティング理論式アドレス法とは!?
極論を言うと、パターストロークの理想の軌道は、ストレートtoストレートです。
この理想の軌道を生み出すためにようやくたどり着いたアドレスの作り方を伝授します。

ステップbyステップで解説しますのでこのステップに従えば
誰でも理想のアドレスを作ることができます。
どうしても自分では直せない!
チェックしにくい、肩の向き、目線の向きの自己チェック法とは!?
盲点だった!?あなたが普段持っているあるモノを使って完全チェック出来るのです。
修正しなければいけない自分の癖を自分で直し、今すぐパッティングをマスターして下さい。

なお、この方法はラウンド中でもいつでもどこでもできます。
パターが調子が悪くなったらすぐに確認してください。
正しいアライメントを身につける最も簡単で効果抜群の方法とは!?
正しいアドレスをマスターしてもフェースやアドレスが
ターゲットに正しく向けてなければパターは入りません。
この項目では、正しくカップにフェース面、アドレスを構えるための最も簡単、
しかし効果抜群の秘訣
をお伝えします。

これで同伴者から「全く変な方向を向いていたよ」なんて言われることは一切ありません。
ストレートの軌道を実現させるストロークの仕方とは!?
前項のITパッティング理論式アドレス法でストレート軌道を生み出す準備ができました。
あとは、ここで解説するストロークの仕方をマスターすればストレートの軌道は
自然に身につきます。

アライメント、ストローク、全てストレートを実現できればもうパターを外すことが
できません。
使うパターによって変わってくるリズムとテンポをパターに直接聞く方法とは!?
使うパターによってリズムやテンポは変わってきます。
リズム、テンポが不安定になればパットも不安定になってきます。

あなたが持っているパターの最適なリズムとテンポを直接聞く方法をお伝えします。
スイングではフィニッシュは大切と言われるが、パターのフィニッシュとは!?
結論から申し上げます。パターもフィニッシュはとても重要です。
しかし、スイングのフィニッシュを意識したことがあっても
パターのフィニッシュを意識している人は少ないでしょう。

パターを打ち終わった際のフィニッシュについて徹底解説していきます。

第4章 ~ ストローク軌道・フェースの向き・芯で捉えるパッティングにおける重要な3つの要素 ~

完璧な軌道を習得する練習方法とは!?
理想のアドレス、ストローク方法を習得することができれば、
あとは実際のラウンドでその動きができるように反復練習するだけです。

ここでは、完璧な軌道を体にしみ込ませる最もシンプルな練習方法を紹介します。
スクエアインパクトを体感する方法とは!?
ストロークは目に見えるので意識しやすいですが、ボールがあたる瞬間のインパクトの
フェースの角度は見る事が出来ないので意識することが難しいです。

ここではインパクトの瞬間にスクエアのフェース面を意識するための
具体的な2つの方法
をお伝えします。
スイートスポットでヒットするための方法とは!?
芯でボールを捉えることができれば、ボールは素直に順回転で転がっていきます。
スイートスポットで捉えざるをえない練習方法を公開していきます。

あなたが普段、ちゃんと芯でボールをヒットできているのかチェックしてみてください。
最も大切な概念!上下の芯を意識するとは!?
実は芯で捉えるという概念で最も大切なのは、上下の芯を意識する必要があります。
この上下の芯という考え方の重要性を認識していないといつまで経っても芯を捉えることが
できません。


ここでは、上下の芯について、そして上下の芯を意識した練習方法について解説します。

第5章 ~ ショートパット ロングパット ~

ショートパットにおいて最も重要なこととは!?
パットには色々な必要要素がありますが、ショートパットで最も重要な項目について
解説します。
この部分がクリアできれいれば、多少のズレでもカップにパットをねじ込むことができます。

最も重要なことですので確実に理解をしてください。
ショートパットの苦手意識を克服するドリルとは!?
短いパターでさえミスの恐怖がよぎってしまうことも多いはずです。
それが積み重なってしまうと最終的にはイップスにもなりかねません。

ここではショートパットの苦手意識を一気に払拭させる方法をお伝えします。
ショートパットの成功率を格段に上げるイメージの作り方とは!?
1mのショートパットはトッププロでも10%~15%外してしまうデータがあります。
なぜ、イージーパットを外してしまうのでしょうか。

簡単なショートパットを外してしまう原因とそれを防ぐためのイメージ法について
伝授します。
微妙に切れるラインを決める極意とは!?
微妙に切れるフックライン、スライスラインがあります。
打った瞬間にラインから外れてしまうケースが多々あるかと思います。

微妙に切れる嫌なパットを楽々カップインできるツアープロなどが実際に使っている
テクニック
を公開します。
ショートパットのプレッシャーを克服する方法とは!?
ショートパットをミスしてしまう原因の大きな要素としてプレッシャーがあります。
1mのパターというのはだれでも決めたいとおもいます。
入れて当たり前と考える一方でこのパターが外れてしまったらと心配してしまいます。

そこに大きなプレッシャーが生まれてしまうのです。
ここでは、ショートパットのこのプレッシャーに打ち勝つ方法をお伝えします。
あなたの絶対距離感を呼び覚ます方法とは!?
人は生まれながらにして、絶対距離感を持っています。

5m離れた人の胸元にボールを投げるとはきっと誰でもできることだと思います。
これが本来人間に備え付けられた本能なのです。

本来人間に備わっている距離感という本能を呼び覚ます方法をご紹介します。
ロングパットの基準を作る法則とは!?
距離感は基準を作ってこそ、感覚が生きてきます。
まずは機械的に距離を打ち分けられるようにするべきです。

感覚だけに頼り過ぎるとその日の調子で距離感は大きく左右されてしまいます。
ショットで7Iは150yという基準があるようにパターでもその基準を作るべきなのです。

あなただけの基準値を作るためのある法則をお伝えします。
コースによって速いグリーンだったり、遅いグリーンを、
自分の●●●●を変えるだけで対応する方法とは!?
コースや天候によってグリーンのスピードは様々です。
せっかく基準値を作ってもグリーンのスピードの変化に対応できなければ意味がありません。

ここではあなたの●●●●を変えるだけで距離感を完全に対応できる方法をお伝えします。
超ロングパットを確実で2パットで沈める距離感分割法とは!?
10y以上の超ロングパットが残ってしまっても
安心して2パットで確実に決めるための距離感分割法があります。

この分割法を使うことでロングパットの難易度は一気に下がります。
大きいグリーンの端っこに乗ってしまっても安心してパターに挑むことができます。

第7章・第8章 ~ グリーンの読み方とメンタルについて ~

芝目を毎回意識していますか?失敗しない芝目の読み方とは!?
ベントグリーンでさえ、必ず芝目は存在します。
そしてボールの転がりはこの芝目が大きく影響をされます。

あなたの想像以上に、早かったり、重かったり、フックしたり、スライスしたり、、、

これらの状況は芝目がしっかりと読めていない証拠になります。
ここでは様々な角度から確実に芝目を読む方法をお伝えします。
ITパッティング理論式傾斜の読み方とは!?
一生懸命グリーンを読み、ライン決め、さあ、スタンスをとりパッティングしようとしたら、
全く先程のラインと違うようににラインが見えてしまうことはないでしょうか?

この原因は傾斜の読み方が甘いことから起こります。

迷いが生まれれば、パターは決していい結果は生まれません。
傾斜までしっかり読み、あなたの思い通りカップインさせて行きましょう。
曲がるラインではカップで●●●●を探し、ど真ん中から入れる方法とは!?
曲がるラインでこれができていないとカップインできるイメージができないでしょう。
●●●●●を使った練習方法で、曲がるラインでもど真ん中から入れる癖を付けてください。
グリーンは●●●●という真実。。。
この真実を知っていないとあなたがパターを極めれば極めるほど、
イップスの原因になってしまいます。


かなり衝撃的な事実かもしれませんが、
●●●●という真実はあまたの片隅に必ずいれておいてください。
難しいパットをOKパットのように打つ方法とは!?
1打の重みを理解し始めると1mのショートパットは必ず沈めなければならないと考えて
大きなプレッシャーがかかります。
そうなるとプレッシャーで手がスムーズに動かなくなり、1mのパットをカップイン
させるのが困難になってきます。

ここでは難しいパットでさえ、OKパットを打つのと同じ感覚で沈める方法をお伝えします。
パッティングラインではなくパッティングロードとは!?
これを知ってからはあなたはパッティングラインとは言わなくなってしまうでしょう。
この言葉を変えるだけでパターが格段に上達します。その理由とは!?
イップスになりやすい人と解決法とは!?
イップスになりやすい人にはある特徴があります。
またもしあなたがイップスになってしまった時の解決するための
とっておきの練習法があります。

今現在、イップスの方はここで紹介する方法を実践してみてください。
必ずあなたのイップスは克服できます。

第9章 ~ ITパッティング理論式 自宅練習プログラム ~

自宅で徹底すべき項目とは!?
自宅では、たくさんのことを練習する必要はありません。
徹底的に練習すべき項目はただ1つです。

この項目を具体的な練習方法で1日10分、たった10球でいいので練習してみてください。
あなたのパターが一気に激変し、スコアも格段にアップします。
自宅練習の具体的なステップとは!?
具体的にどのような手順を踏んでいけば、最大の成果が得られるのかをお伝えいたします。
練習せずにパッティングストロークは決してうまくはなりませんが、
あなたには遠回りしてほしくはありません。

最短で最大の成果を得る為のステップをご紹介します。
1石3鳥の効果を得られる自宅練習法とは!?
1つの練習方法でパターに必要な3つの効果が同時に得られる方法をご紹介します。
自宅練習ではこの方法を使って徹底的に練習をしてください。
他の練習方法は正直、一切不要です。
それだけの効果を発揮するプログラムです。

私は、このITパッティング理論を公開することで皆様のゴルフを変えたいと思っています。

本当にパターが変われば、あなたのゴルフが変わります。

この理論であなたの目標を達成させてみせます!

そんな想いで作り上げた教材がITパッティング理論なんです。

ITパッティング理論

ITパッティング理論

あなたが絶対にいいスコアでラウンドをしたい時には、
いつもよりも30分早くコースに到着をして、

この『5打も変わる!ラウンド当日の練習グリーン練習法』のメニューで
30分間パターの練習を行ってください。

当日、ショートパットとロングパットにおいて、
速攻で効果が上がるメニューをお伝えします。

これは私がラウンド当日練習グリーンで実際に行う特別メニューです。
いつもよりも5打以上はスコアがよくなるでしょう。

私が実際に行っている練習法、そして私のレッスン生に必ず教える練習メニューです。
どれもとてもシンプルですが効果抜群です。

ITパッティング理論

私は、このITパッティング理論に包み隠さず私の5年の研究を書き記しました。

せっかく購入してくれた方にはしっかり実践してほしいと思っております。

私を信じて購入してくれたあなたに本気でうまくなってほしいと思っております。
分からないことや疑問に思ったこと、悩みなどメールしてください。

瞬時の返信はできませんが、私が直接アドバイスいたします。

ITパッティング理論

もし、あなたがこの『ITパッティング理論』をご覧になり、

しっかり実践したけれども

・スコアアップしなかった場合
・パターが上達しなかった場合

全額返金させていただきます。

私は、この『ITパッティング理論』が必ずあなたをパター上達、
そしてスコアアップに導けると心から確信しています。

あなたの期待に私のレッスンが応えられなかった場合は、
いさぎよく、全額返金させていただきます。

※購入から3ヶ月間は実践期間としてご返金はお断りさせていただいております。
※返金のご連絡は、ご購入から 3ヶ月実践後180日以内にメールにて申請してください。

ただし、間違った解釈や取り組みで結果がでないのは、
あなたにとっても私にとっても悲しいことなので、わからないことはいつでも相談ください。

返金保証をご希望の際は、052-253-7069(平日10:00~18:00)までお電話ください。
お手続き完了後、原則15営業日以内にご指定の銀行口座に購入代金を全額お振り込みいたします。

そこまでできるのは、この『ITパッティング理論』に自信があるからです。
あなたの本気に本気でお応えいたします!

ITパッティング理論

このITパッティング理論を実践され、パターが上達された方、
ITパッティング理論によって
スコアアップやゴルフが上達したと実感された方に
お客様の声をいただきたいと思います。

ITパッティング理論を購入する前のパターの悩みはどんな悩みだったのか。
そして、ITパッティング理論を実践したらパターはどのように上達したのか、
ゴルフはどう進化したのかなどのお客様の声をいただけたら幸いです。

こちらのホームページに掲載させていただいた方に
5,000円のキャッシュバックを差し上げます。

私は、このITパッティング理論をもっと世の中に広め、
たくさんの方にゴルフ上達を実現していただき、
ゴルフの楽しさを知って頂きたいと思っています。

そして、ゴルフ上達の喜びをたくさんのゴルファーと共有したいと思っています。
そのためには、あなたの声が必要です。ご協力いただけたら幸いです。

info★miuraclub.jp(★を@マークに変えてください) まで感想をお待ちしております。


周りのゴルファーがスコアが伸びず悩む中で、
あなたはこれから毎回スコアが伸びてきます。

ITパッティング理論を実践することは、
この先ずっとゴルフのスコアに悩まされることなく
一生ゴルフと楽しく向き合える「乗車券」を手に入れるようなものです。

意味のない、流行りの手法や教材に惑わされることなく
私と一緒にスコアを上げながらゴルフを楽しみませんか?

ITパッティング理論

ここまで読み進めているあなたは、きっとすぐにでもスタートさせ
今後のゴルフのスコアに苦労する日々から抜け出したい!
と感じていることでしょう。

私もITパッティング理論を実践し、今までのスコアの悩みが
嘘のようになくなる日々に毎日胸を躍らせていました。

だからこそそれを体感してもらいたいと思いますし次はあなたの番だと考えています。
そして今回の価格にはかなり迷いました。

このITパッティング理論を構築するには試行錯誤を繰り返し、
研究と実践を繰り返して辿りつきました。

そのノウハウ以外に時間と情熱を凝縮し詰め込んでいるので
10万円というのが適正な価格だと思います。

正直パッティングという分野において、
ここまでわかりやすく実践的な内容は他にないと自負しています。

しかしお小遣いをやりくりしながらもコースに出たり、
コーチをつけたり自宅で練習をしていても間違った方法を繰り返しスコアが全く良くならない。

そんな状況の人がすぐにでも取り組んでもらえる価格帯として再度価格を考えた結果。。。。。。。

今回、このITパッティング理論を

5,800円

で提供させていただきます。

今回のITパッティング理論は、
PDF146ページにパッティングの極意を集約しました。

5年かけて研究したパッティングのノウハウの集約を、
私を信じて購入して下さった方全員に、
人には教えたくないスゴワザも包み隠さずすべて公開しています。

正直、価格は下げても15,000円、、、
とも考えていましたがこれであなたがITパッティング理論を学び実践し
スコアが劇的に改善される喜びを共に味わってもらいたいと考えています。

ITパッティング理論

ITパッティング理論

ITパッティング理論

ITパッティング理論

練習を実践するにあたってお金はかかりますか?

ITパッティング理論

自宅のパターマットがあれば十分です。
それ以外には、お金はかかりませんのでご安心してください。

ITパッティング理論

練習はゴルフ場のグリーンじゃないとダメなのですか?

ITパッティング理論

ゴルフ場のグリーンじゃなくても大丈夫です。
ITパッティング理論は基本的に自宅で練習できます。
練習メニューも自宅プログラムとして、
自宅での練習方法をメインでご紹介しています。

ITパッティング理論

146ページの内容をすべて理解し、暗記しなければ上達できませんか?

ITパッティング理論

このメソッドは図解を多く取り入れております。
また、パターをグリップ、アドレス、ショートパット、
ロングパット、メンタルなど、細分化していますので
理解してステップアップしていけば十分上達できます。
また、ラウンド後に自分のプレーを反省し、
弱点の部分を重点的に練習することでさらに効果的に上達できます。

ITパッティング理論

体力に自信がありませんが大丈夫ですか?

ITパッティング理論

パッティングに体力や年齢、性別は全く関係ありません。
誰もが実践し、プロと同等に戦えるクラブが唯一パターなのですから。
また、練習プログラムも1日15分以内で終わるように設定してあります。

ITパッティング理論

レフティでも実践可能ですか?

ITパッティング理論

レフティでも、全く同じように実践していただければ大丈夫です。

ITパッティング理論

ITパッティング理論で本当に上手くなるのですか?

ITパッティング理論

私は、今までプライベートレッスンにて
このITパッティング理論を教えてきました。

多くの生徒さんは、パターだけでなく、
パターをきっかけにゴルフ自体もステップアップしてきました。

ITパッティング理論

何をすればいいかはもうあなたの中で決まっていると思います。

過去は変えられませんが、今からゴルフ人生は劇的に変えられます。

300ヤードと1メートルも同じ1打。
1打の重みを知り、パターをマスターすれば飛躍的にゴルフは成長します。

あなたの1打を全力で応援します。

ITパッティング理論

ITパッティング理論

ITパッティング理論

メールマガジン登録でゴルフナレッジプレゼント!

メールマガジン登録でゴルフナレッジプレゼント!
メールマガジン登録でゴルフナレッジプレゼント!