みうら倶楽部オンラインショップ

muziik 「ターフライダーII」 muziik 「ターフライダーII」

今すぐドライバーをチェック
今すぐドライバーを
チェックする

ドライバーが
飛ばない人の共通点

ドライバーで遠くまで飛ばしたいというのは、ゴルファーなら誰しもが願うことです。

しかし、実際は飛距離自体も安定せず、なかなか望み通りの飛距離が出ないという方が多いのではないでしょうか?

なんとか飛距離を出そうとして、スイングを早くしても逆に飛距離が出なくなる。

さらには、ボールも真っすぐ飛ばなくなったり、普段はしないようなミスショットになったりしてしまう。

そんな悩みを抱えている方は、決して少なくはありません。

そして、実はそんな悩みを抱えている方にはひとつの共通点があります。

ドライバーでこれらの
悩みを抱えていませんか?

飛距離が出ない
飛距離にばらつきがある
ミスショットが多い
まっすぐ飛ばない
飛ばそうといつも力んでうまく当たらない
飛距離が原因でスコアが悪い

これらの悩みに1つでも当てはまるようなら、最後までこちらをお読みください。

全力スイングが最悪を招く

最初にお伝えいたしましたが、飛ばないことをスイングを早くすることで何とかしようとして、逆に飛距離が出なくなるという経験は誰にでもあるものではないでしょうか。

全力で、今までよりも早くスイングをする。

単純に考えるのなら、これだけで飛距離は伸びそうなものですが、結果は散々……。

それどころか、症状が悪化していけば、飛距離はさらに落ちてしまい、打つ度に距離も方向も変わってしまい予測もつかない。

さらには、大きなミスショットを連発してしまうようにだってなりかねません。

飛距離が出ず、さらにはその距離も安定しないという場合、このような最悪の状況に陥る可能性は非常に高いと言えます。

そして、この最悪の状況は一度はまってしまうとループする可能性をはらんでいるのも事実です。

飛ばない原因

ドライバーが飛ばない ⇒ 飛ばそうとして力が入る ⇒ 余計に飛ばない ⇒ さらに力が入る……

このループに陥ると本当にまずい状況となってしまいます。

飛距離や真っすぐ飛ばないといった問題だけではなく、セカンドショットにも大きな影響が出てしまうからです。

飛んでいないのでセカンドショットでも飛距離を求められたり、フェアウェイを外したり、打ちたくないような場所からのショットとなったりと散々な状況を味わう可能性が高まっていきます。

また、調子自体を崩してしまい、セカンドショット以降のショットもボロボロになってしまうこともあるかも知れません。

そして、何よりもこの状況がループを繰り返せば繰り返すほど、悪化していくということです。

では、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

それは、

ドライバーの芯でボールを捉えることが出来ていない

ことが原因です。

スイングの早さが飛距離につながるのは確かですが、ボールを芯で捉えることが出来なければ、ドライバー自体の性能を引き出すことは出来ず、飛距離性能や直進性能を発揮することは出来ません。

つまり、力の入りすぎた全力のスイングを行うことで、スイングスピードを上昇させようとして、スイング自体のブレがより大きくなり、さらに芯でボールを捉えることができなくなってしまうということです。

そして、全力でスイングしていなくとも同じことが言え、

・飛距離が伸びない
・飛距離が安定しない
・真っすぐ飛ばない
・ミスショットが多い

という方は、ボールを芯で捉えられていないことがほとんどです。

これは、いわゆるミート率が低いために起こる問題ですが、そう簡単に向上させることが出来ない項目のひとつでもあります。

特に飛ばしたいという意識が働く時は、力が入ってしまいスイング自体の速度も上げてしまうのでなおさらです。

このミート率は、高ければ高いほどドライバーの芯でボールを捉えることが可能になります。

ボールを芯で捉えることができれば、そのドライバーの性能を引き出し、より遠くにまっすぐと飛ばしやすくなります。

逆に芯を外せば、飛距離も出ず、狙い通りの方向にも飛んでくれません。

どれだけスイングスピードが高くてもミート率が低ければ、ドライバーの性能を引き出すことは出来ず、飛距離は出ません。

飛距離を出したいのならドライバーの芯で打つ必要があり、そのためにはミート率を高める必要があるということです。

とはいえ、一朝一夕で簡単に向上させることが出来ないのがミート率です。

同時にミート率が上がったとしても常にボールを真芯で捉えて最高の当たりを出し続けるということは不可能でもあります。

では、この症状に惑わされずに飛距離を出していくためにはどうすればいいのでしょうか?

飛ぶドライバーの条件

飛距離を出す一番の要素と言えば、フェースの反発力と言いたいところですが、ルール適合クラブにおいては、反発係数0.830という規制値の壁があるため、反発力に関しては横並びとなっています。

そのため、現在のドライバーでは、より飛距離を出すためにボールを上げて飛ばす、ランで距離を稼ぐといった飛距離のための設計に加え、つかまりのよさを主眼においた設計、スライスなどの特定のミスに強い設計、ヘッドのブレを抑える設計など様々な考えのもとに設計がなされています。

しかし、先程もお伝えしましたようにボールをフェースの芯で捉えることが出来なければ、ドライバーの飛距離性能をはじめとした性能を引き出すことは出来ません。

例えば、つかまりのよさを主眼においた設計であっても芯を外してしまえば、ボールをつかまえきることは出来ませんし、ブレを抑える設計であっても芯自体で捉えることは難しくなります。

当然、フェースの持つ反発力自体も引き出すことは出来ませんので、飛距離性能も引き出すことは出来ません。

だからこそ、重要になるのがスイートエリアの広さです。

スイートエリアが
広いと飛ぶ理由

スイートエリアとは、要はフェースの芯の有効範囲のことを指し、これが広ければ広いほどドライバーの持つ力を発揮しやすくなります。

これはスイートエリアが広ければ、実質ミート率が上がるのと同じ効果を持つからです。

スイートエリアで捉えることができれば、そのドライバーが出すことのできる飛距離をはじめ、各種特性を発揮させることができます。

そして、スイートエリアが広いということはミスをカバーしてくれるということでもあり、飛距離のばらつきを抑えながら平均飛距離を向上させてくれるということでもあります。

ゴルフスイングで常に真芯で捉えて打つということは非常に難しく、たとえプロであっても現実的ではありません。

しかし、スイートアリアが広ければ広いほど、真芯から打点がずれてもドライバーの飛距離性能を発揮し、平均飛距離を伸ばしてくれます。

もしも、ドライバーショットで飛距離が安定せず、飛距離も伸びないという場合は、スイートエリアが広いドライバーを使うことで問題が解決する可能性は非常に高いと言えます。

圧倒的にスイートエリアが
広いドライバー

そこでおすすめしたいのが、muziikの「ターフライダーII」という従来モデルから30%ものスイートエリアの拡大に成功したドライバーです。

ここまでお読みいただいたのなら、スイートエリアの広いドライバーが、いかに飛距離やミスに強いものかおわかりいただけたかと思います。

だからこそ、スイートエリアの30%の拡大というのはかなり大きなものとなります。

ひと目見ただけでも、かなりスイートエリアの範囲が広がっていることがよく分かると思います。

これだけスイートエリアが広がれば、当然打点のズレも大きくカバーしてくれますので、ミスはもちろんですが、平均飛距離を伸ばしてくれることは間違いありません。

飛距離を伸ばしたいのなら
このドライバー

そのため、最初にお尋ねした下記の悩みがあるのなら、非常に強い味方となってくれるドライバーとなっています。

飛距離が出ない
飛距離にばらつきがある
ミスショットが多い
まっすぐ飛ばない
飛ばそうといつも力んでうまく当たらない
飛距離が原因でスコアが悪い

また、ターフライダーIIはスイートエリアが広いだけではなく、飛距離性能の高さから高い人気を誇った前モデルから正当に性能を進化させたモデルですので、直進性とともに飛距離性能も抜群のものとなっています。

もしも、こういった悩みがあるのなら、ターフライダーIIを使ってみてください。

これらの悩みが簡単に解決する可能性があります。

特に多くの方の原因となっているボールを芯で捉えきれないという問題に当てはまる場合は、より大きな効果を生んでくれる可能性が非常に高くなります。

最大飛距離、平均飛距離を変える力がターフライダーIIにはあります。

また、ターフライダーIIには、「ターフライダーII撃速」という高反発モデルも用意されています。

こちらは、CT値320の超高反発フェースに加え、480ccという大型ヘッドを採用することで、ターフライダーIIの広いスイートエリアに加え、反発規制を大きく超えた反発力で圧倒的な飛距離性能を実現してくれています。

試合などに出ないエンジョイゴルファーで、とにかく飛距離がほしいという方にはこちらがおすすめです!

プロによる
試打インプレッション

ターフライダーIIは、飛距離やスイートエリアの広さだけではなく、つかまりや打感といったものにも優れたドライバーとなっています

竹内雄一郎プロによる試打では、それらにも言及しておりますので、ぜひご覧ください。

また、人気ゴルフTV番組のゴルフギアクエストで、クラブコーディネーター鹿又芳典による試打もございますので、あわせてご覧いただければと思います。

広いスイートスポットに加え
ミート率をアップさせる特典

ターフライダーIIのスイートスポットが広さがあれば、最大と平均の両方で飛距離をアップさせていくことは可能です。

とは言え、自身のミート率を高めていくことをやらない理由はありません。

いくら広いスイートスポットとは言え、芯を大きく外せばミスショットになりますし、真芯により近い位置でインパクト出来ればその分、より大きな力を発することができるからです。

そこで今回、ターフライダーIIに特典として、竹内雄一郎プロによるドライバーのためのレッスンプログラム「ドライバーパーフェクトスイング」を特典としてプレゼントさせていただきたいと思います。

ドライバーパーフェクトスイングはその名の通り、ドライバーのスイングを理想通りのパーフェクトなものに変えるためのレッスンプログラムとなっています。

より飛ばすためのスイングを作る中で、当然ミート率を向上させていくことも含まれています。

ミート率が向上すれば、ターフライダーIIの広いスイートエリアによる平均飛距離の恩恵をさらに高めつつ、より芯でしっかりボールを捉えた際に生まれるスーパーショットの確率も大きく上がります。

ターフライダーIIとともにドライバーパーフェクトスイングを手に入れて、平均飛距離、最大飛距離とともにスーパーショットを実現してみてください!

※特典のドライバーパーフェクトスイングのプレゼントは、予告なく終了する場合がございます。ご了承ください。

ターフライダーII 搭載テクノロジー

エナジートランスファーボックス

muziik 高反発ドライバー ターフライダーII

インパクト時に発生するエネルギーを最大限受け止め、ボールに伝達するエナジートランスファーボックスを採用。
今までにない初速の速い大きな飛びを実現しています。

DAT55Gカップフェース&鍛造肉厚可変構造

muziik 高反発ドライバー ターフライダーII

DAT55Gチタン製のカップフェースを採用し、フェース背面の肉厚を可変することにより、軽量化と反発エリアを拡大。
ルール適合モデルながら、弾きの良さとソフトな打感を実現しています。

PGPガラスコーティング仕様

muziik 高反発ドライバー ターフライダーII

ムジークが販売する世界最強硬度を誇る浸透性高密度PGPガラスプロテクターでコーティング。
ヘッドにキズが付きづらく、美しい外観が持続します。

ターフライダーII スペック

番手
1W
ロフト角
9.5° / 10.5° / 11.5°
ライ角
60°
ヘッド容量
460cc
レングス
46インチ
シャフト
TURFRIDER TR-5 シャフト
R / SR / S
中調子
muziik 高反発ドライバー ターフライダーII
総重量
R=294g± / SR=295g± / S=297g±

ターフライダーII撃速 スペック

muziik 高反発ドライバー ターフライダーII撃速
muziik 高反発ドライバー ターフライダーII撃速
番手
1W
ロフト角
9.5° / 10.5° / 11.5°
ライ角
60°
ヘッド容量
480cc
レングス
46インチ
シャフト
TURFRIDER TR-5 シャフト
R / SR / S
中調子
muziik 高反発ドライバー ターフライダーII撃速
総重量
R=293g± / SR=294g± / S=296g±

※各仕様は、予告なく変更される場合があります。ご了承ください。
※ヘッドスピード40m/s以上以上での使用は、ヘッド破損の可能性がございますのでご注意ください。

カスタムシャフトも選択可能

ストレート層全長にチタンファイバーを使用した独自のチタンファイバー・テクノロジー搭載「DOGATTI GENERATION Ti」シリーズから、幅広い層に対応したTi4 REDとアスリート向けのTi5 REDから+10,000円(税抜)でシャフトをカスタム可能

DOGATTI GENERATION Tiシリーズは、ダブルキックポイントを採用し、切り返しでは手元側がまずしなり、ダウンスイングでは先端部をしならせ、さらにインパクトでは2段ロケットのようにシャフトが戻ることでヘッドの加速を実現。

高い飛距離性能と直進性を実現してくれます。

DOGATTI GENERATION Ti4 RED

軽量シャフトにありがちな弱いインパクトを改善し、走り感と弾き感に優れ、幅広い層に対応した46~51g台の軽量モデル。

DOGATTI GENERATION Ti5 RED

アスリートゴルファーが求める飛距離と方向性を実現するためのTi4よりもハードな59~60g台のアスリート向けモデル。

あなたの
ドライバーショットは
変えられる

もしも今、飛距離自体や飛距離のばらつき、直進性、ミスショットに悩んでいるのなら、芯でボールを捉えられていないことが原因の可能性は非常に高いと言えます。

この悩みは多くのゴルファーが直面している悩みであり、実際に芯でボールを捉えることができれば、ドライバーショットは大きく変わります。

ラウンド中に打ったことのある自分のベストショットを思い出してみてください。

それが芯でボールを捉えたドライバーショットです。

スイートエリアが広ければ、そのショットを打てる確率は大きく上がります。

同時に芯の有効範囲も大ききなっているので、平均的に飛距離は上がり、ボールをつかまえやすくなりますので直進性も上がり、ミスも軽減することが出来ます。

そうなれば、あなたのドライバーショットは大きく変わり、スコアにも良い影響が出てくることは間違いありません。

その上でミート率をアップさせるスイングを身に着けていけば、さらに良い結果に繋がります。

ぜひ、ターフライダーIIと特典のドライバーパーフェクトスイングであなたのドライバーショットを今まで以上に安定させ、より遠くに飛ばせるように変えてみてください!